Staff Blogスタッフブログ

『家造りは誰のためにするのでしょうか?』

2021.04.09

コラム

『家造りは誰のためにするのでしょうか?』


こんにちは住環境アドバイザー小川です。


  私は今から10年前に家造りをしました。

私には
東京で就職している27歳独身の一人息子がいます。


母親のお腹の中にいるときからよく動き
おなかをよくけっていました。

好きな食べ物は、ギョウザ、スイカ、アイス
きらいな食べ物は バナナです。


妊娠中の妻が食べていたのがギョウザとスイカなので
好きになったのだと思います。

本当は女の子が欲しかったので
第一候補は ゆうな  第二候補は かえで


もしも男の子がうまれたら


第一候補は ゆうや  第二候補は ふみや

にしようかなと妻と相談していました。
何回も生まれそうになり呼び出しされ


3回病院に行きました。しかしなかなか生まれない・・・


4回目 まだ生まれないだろうなと思っていたら・・・


いつのまにか生まれました。

生まれた時には3300g、元気な男の子でした。


結局立会いは出来ずに仕事が終わってから会いに行きました。    

   妻に「よくがんばったな。」
           と珍しく褒めた事を覚えています。
  うまれたての我子を初めて抱きました。
       とても嬉しかった。


看護婦さんから受けとった小さな命は手、顔、目、鼻口、すべてがちいさくて、とても感動しました。
名前は結局 男の子ですが


        「かえで」


スラムダンクに出てくる 
  ルカワ カエデと似ています。(全く意識していないわけではありません。)


可愛くて可愛くて 赤い色や黄色い色の洋服や
傘をよくもたせていました。

みなさまがご存知の通り、子供が3歳になって
風邪をこじらせ家の結露が原因で肺炎になりました。

かわいそうに3歳の小さな我子の手に点滴のチューブが・・・触らないよに板を包帯でくるぐる巻にしています。

就寝時間になると面会時間もおわり帰らなければいけません。
看護婦さんが息子をあやしているすきにそっと帰るのです。しかし子供は敏感に感じとり泣き叫びます。

「かえらないでー おいてかないでー おかーさーん おとうさーん」


次の日も次の日も次の日も続きました。


    涙が出ないわけがありません。


かえでが3才の頃からかえでの健康の為の家造りを真剣に考え始めました。

それから16年の歳月がすぎてしまいました。結局 息子とマイホームで過ごした時間は 2年間だけ
マイホームでの思い出は本当に少しだけです。


 もっと早く健康で病気のない快適な家で息子と暮らしたかった。 これが私の本音です。

 今年こそは家造りをと考えている皆さんは一日でも永く子供たちとマイホームの思い出を多く作ってあげてください。


 小川でした。

PAGETOP

  • 都城ショールーム

    〒885-0006 宮崎県都城市吉尾町53番地1

    TEL: 0986-38-5226 /
    FAX: 0986-38-5264

  • 宮崎ショールーム

    〒880-0916 宮崎県宮崎市恒久956番地1

    TEL: 0985-34-9300 /
    FAX: 0985-34-9310

0120-447-129