Staff Blogスタッフブログ

40年前との違い・・・

2021.03.12

コラム

40年前との違い・・・

こんばんは住環境アドバイザー小川です。

先日家造り勉強中のご夫婦のお父様、お母様とお話した時・・・

1000万円あれば・・・40坪の豪邸が建築できる・・・と言っていました。



確かに私の親父に、実家はいくらで建てたの?と聞いてみたところ・・・

驚くことに・・・500万円!との答えが返ってきました。



奥さんの実家も同じくらいの金額で家造りをしたそうです。


その時の金利は約8%と高く・・・そのまま30年ずっと高い金利で支払いしていたそうです・・・


3-04-01.gif





銀行に早く返済する為に繰り上げ返済を申し出したところ、返済の手数料がかかる・・・


今のままでもかわならい・・・と金利見直しすらできなかったそうです。


1000万円があれば40坪の豪邸・・・たしかに、金利は高かったけど物価は安い時代でした。




ちなみに昭和40年の1万円は現在の価値にすると企業物価指数で1.9倍つまり1.9万円・・・


昭40和年の1000万円の価値は現在では1,900万円に相当します。


お父様お母様との時代では物価の上昇率は約2倍・・・

確かに給料も安い時代だったかもしれませんが・・・・


現在の家は40年前の住宅性能とはまるで違います。

オール電化・断熱材・基礎構造・工法・ガラス・サッシ

どれを取っても40年前と同じ工法ではない上に物価は2倍です。


家造りの相談をご両親にされるときは現在の物価と40年前の物価は

約2倍違う事を説明してください。



ちなみに40年前のラーメンの価格を聞いたら・・・

180円・・・200円・・・という答えがえってきました。

現在のラーメンは安くて500円です。


100214_tirol.jpg




子供の頃大好きだったチロルチョコ・・・

今は10円では買えません。

ちなみに40年前は3個並びで10円だったそうです。


大好きな九州のアイス、ブラックモンブラン



20111021_2583791.jpg





昔は50円でしたが現在は100円です。

あんぱんは昔30円だったそうですが現在は100円です。



しかし40年前の銀行の住宅ローン金利は8%を超えていました。

しかし借り入れ額が少ない為、なんとか返済できていました。

現在の建築価格が2倍とすると。。。もしも8%の金利で家を建てたら・・・

ほとんどの人はローンを返済することが出来ません。



現在の10年固定金利は1.1%前後と安くなっています。

2000万円の借り入れでもなんとか返済できる金利です。

しかしここには落とし穴があります・・・・

10年固定金利は今から10年間だけ1.1%です。

10年後は今よりも高い金利になります。

10年後・・・・株価の上昇・・政策金利の解除・・金利引き上げが続けば・・・・

もっと金利は上がります。

30年から40年前の金利は約8%だった金利に比べれば低い金利とも言えます。

しかし2000万円借り入れした場合の金利1%は返済金額1万円の上昇になります。

5%上昇した場合・・・・5万円も支払いが増える可能性があるのです・・・・

毎月6万円の返済が10年後・・・・11万円・・・・子どもの教育費にもお金が必要な

10年後です。 10年で給料が現在よりも2倍になれば大丈夫ですが・・・・。

金利上昇に関係なく返済金額が決まっているのは

全期間固定型金利・・・つまりフラット35です。

現在は一定基準をクリアしている住宅には基準金利から10年間金利を-0.25%引き下げてくれます。


将来の金利や物価の上昇、貨幣価値の値下げなど不安はこれからいっぱいです。

今、不動産を買い、低い金利を一生払い続ける・・・

これが現在の賢い家つくりなのかもしれません。


小川でした。

PAGETOP

  • 都城ショールーム

    〒885-0006 宮崎県都城市吉尾町53番地1

    TEL: 0986-38-5226 /
    FAX: 0986-38-5264

  • 宮崎ショールーム

    〒880-0916 宮崎県宮崎市恒久956番地1

    TEL: 0985-34-9300 /
    FAX: 0985-34-9310

0120-447-129