Staff Blogスタッフブログ

宮崎の家づくり|注文住宅に懸ける想い|リブハウジングの優家ストーリー・動画公開中!

2024.05.18

コラム優家家づくり

家を建てる時、 その 依頼先の会社や工務店が、なぜ家を建てることを生業としたのか、 その会社の歴史が気になることはありませんか?

リブハウジングでは お施主様に「心地よい家~優家~」をご提案し続けて33年目を迎えますが
この度、「優家」誕生 ストーリーを動画にいたしました。

「優家」誕生の歴史をご来店・ご来場くださったお客様や、リブハウジングに家づくり を託してくださった お施主様にお話するような機会はなかなかございません。ですが

「子どもたちのふるさととなる家づくり」を始め、 知っていただきたい想いや願いです。

リブハウジングの建てる家「優家」は

・なぜパッシブデザインなのか
・なぜ自然素材に拘るのか
・なぜ家を設計するのと同じぐらい家計の設計にも拘るのか
・なぜ気密・断熱にこだわるのか
・なぜ国の基準値以上の耐震にこだわり
・なぜ丈夫で長持ちする子供たちのふるさととなる家なのか

etc....

色んな「なぜ」を背負って建てています。
その理由や願いを動画でお話しています。

宮崎でこれから の家づくりに取り組まれる方、購入資金についてどうしたら良いのか、どの工務店にしたら良いのか、子育て 真っ最中の方、リブハウジングの家づくり にご興味を持たれた方に、是非ご覧いただけたらと思います。

「優家 誕生 ストーリー」は YouTube にて フルバージョンをご覧いただけます 文末のリンクをクリックしてご覧ください。

~優家誕生ストーリー・あらすじ~

1.jpg

リブハウジング代表福重は、そもそもは「建築家」になるとは全く考えておらず、当時テレビドラマの影響もあり「カッコイイ!」と憧れた「ホテルマン」として社会人デビューをしました。

3.jpg

ところが その3年後、 休暇を利用して 宮崎に帰省した際、実家の建材屋を手伝い、住宅業界を垣間見たことから 人生 の転機が訪れます。

4.jpg

目の当たりにした住宅業界はひどいもので相当にショックを受けました。 その後 不運にも取引先が倒産、 その連鎖で 「実家の建材屋」も不渡りが発生、5000万円もの借金も背負うことになったのです。

5.jpg

それを機に ホテルマンを退職、 実家の建材屋を建て直す 決意をします。

この頃は網戸の張り替え1000円の仕事を請け負うにも苦労した時期で、

6.jpg

建築・住宅業界に携わり「夢のマイホーム」「家づくり」とは程遠く、お施主様も関わる人も誰も報われない、こんな最悪な状態・・・と思った時

1.jpg

「そうだ、自分が誰も苦しまない家づくりをやったらいい」

「僕が家を造ったらいいんだ。」

根拠のない自信があふれてきたそうです。

この逆境・苦境が、全く経験のなかった建築士を目指すようになり、リブハウジングの「優家」誕生のきっかけとなりました。※苦しい時こそ理想の人生へと変えていくチャンスなのかもしれませんね?

~~

不渡りからの大きな借金の経験やずさんな住宅業界を目の当たりにしたことから、


家を建てるということは、お施主様も大きな借金を背負うことになる、住宅ローンは命を懸けて組むもので、費やす費用についてはお施主様が懸命に働いて得たお金だ、ということが身に染みています。

1円足りても無駄にしてはいけない。 そのような心構えを根付かせる きっかけとなったとのこと。

2.jpg

加えて子どもの頃の「住宅ローン」を抱える家の、子ども目線の気持ち。

欠かさず行っている講演活動は「知らない」では済まされない家づくりについて時間をかけてお伝えし、「住宅ローン」についても熱を持って語り無駄なローンを組まないよう必要な知識をお伝えしています。

間もなく100回を超える家づくり勉強会、そして家計の設計図勉強会では「大切なお金のこと」も「大切な家」と同じく伝えています。

気密断熱性に優れた高性能住宅で冷暖房費を抑える家計に優しい家づくりに取り組み、

代表の福重は「優家」第一号、として自身の家兼モデルハウスとして高性能住宅をお客様に体感頂ける家を建てましたが、今度は「素材」で我が子の健康を損ねる経験をします。

8.jpg

「高性能」だけじゃダメなんだ。「素材」も重要だ。と思い知った出来事でした。

高性能で素材にも拘る、そんな家づくりは「面倒だ」「コストがかかり過ぎる」と言われながらも家族が健康でいられる安心・安全の家を造るための仲間を集め、

7.jpg

素材を探し回り、海外へも出かけ、自然素材で建てられた家が何代に渡って住み続けられ、村全体の家が200年以上経ってもなお美しい景観を保っている光景や、諸塚村の葉枯らし木材や、屋久島の屋久杉、炭化コルクや石屋根、漆喰の素材と出逢います。

9.jpg

その素材の素晴らしさに感銘を受け、自然素材にもとことん拘り始めました。ただ単純に「自然素材」を謳うのではなく、「本当に、本物の」素材です。

「家は生きている」その土地の環境や気候を考えた家づくり。自然エネルギーを取り入れた家、パッシブデザイン設計にも拘りました。

その結果、アトピーやアレルギーを持つ子どもたちにも優しい家を造ることが出来るようになり

10.jpg

紆余曲折ありながら15年が経った頃、初めて「優家」を、と言って、お客様が会社を訪ねてこられるようになりました。

11.jpg

その時は飛び上がる程、嬉しかった、とのこと。

フルストーリーはYoutubeにてご覧ください!★

~~~

家を建てられるときは、複数の会社、工務店で家づくりについてのお話を聞かれると思いますが、ぜひその会社の家づくりへの想い、や今に至る歴史も聞いてみてはいかがでしょうか。

リブハウジングは創業32年経ちますがこれからも進化し続けて参ります。
宮崎で家づくりを、と考える方はぜひリブハウジングの家「優家」をご体感ください。

↓↓優家誕生ストーリームービー・フルバージョンはこちらからどうぞ

=======================

~建築家と建てる漆喰の家|完成見学会~

〇リブハウジング高性能住宅「優家」新築完成!体感見学会のご案内〇

\\漆喰で建てられた家、「優家」を実際にご覧いただけます//


詳しくはこちら↓↓
https://live-housing.com/event/yuka-miyako-2405.shtml

=======================

~家づくり勉強会|第93回(宮崎市開催)~

詳しくはこちら↓↓
live-housing.com/event/miyazaki-iedukuri.shtml


リブハウジング |新築|新築住宅|宮崎新築|都城新築|こどもエコすまい支援事業|宮崎家づくり|都城家づくり|マイホーム|マイホーム計画|工務店|宮崎工務店|都城工務店|注文住宅|宮崎注文住宅|都城注文住宅|施工事例|自然素材の家|漆喰|漆喰の家|ガビオン|ZEH|地震に強い家|パッシブデザイン|優家|塗り壁|土地購入|ビルトインガレージ|G3グレード|DIY