パキパキ鳴る床は異常?正常?

都城ショールーム奥の、無添加に改装中のスペースで「床鳴り」を体験してきました。
歩くと「パキパキ」と音が鳴ります。
最初はギョっとするくらい(女子は「重いってことかしら」とギクリとするくらい)、なかなかの音が鳴ります。
お施主様の中にも、無添加住宅ではないけどムク床を選ばれた方は、この「床鳴り」を体感されていると思います。

ご安心ください。この音は正常な証拠です。
生きている木は、湿度によって伸び縮みします。多湿時には水分を含み、乾燥時には水分を放出し、快適な住環境を造ってくれるのです。
その際に、少し伸び縮みした分、「パキパキ」と音が鳴るのです。
本来、木の床はこのように音が鳴るものです。薬剤でピカピカにコーティングされた床は、木が呼吸できないので、床鳴りすることはありません。

最初は「何これ」と驚かれると思います。慣れてくると「今日も鳴ってるね」と愛着がわいてくる楽しい音です。
無添加住宅モデルハウスにて、この不思議な「パキパキ」を、体感してみてください。
来場ご予約はこちらからお願いします。

こちらの床材は、あまり音が鳴りませんでした。木材によって違うのでしょうか。
モデルハウスでご体感いただけますので、実際に歩いてお試しください。

記事をシェア!→